So-net無料ブログ作成

ダイエットをしていると、どうしても栄養がかたよりがちに [健康]

ダイエットをしていると、どうしても栄養がかたよりがちに特に、ダ

イエットのせいでお肌にトラブルがという方は「ビタミン不足」かもし

れません。
1.ビタミンを多く含む食品をたくさん摂りたいけれど、気になるのは

やはり食品のカロリー。ビタミンは摂ったけど、カロリーもたくさん摂

っちゃった、ではダイエットの意味がなくなっちゃいますよね。そこで

今回、「ビタミンを多く含み、かつ低カロリー」の食品をピックアップ

して品目別にリスト化しました。お肌のお悩みを解決しながらダイエッ

トを成功させて、2つのキレイを同時に手に入れちゃいましょう!
2.肌のうるおいがなくなり、乾燥してカサカサになってしまう肌荒れ。

これは、皮脂や水分の分泌量が低下して乾燥しやすくなっていることが

原因です。乾燥すると肌のバリア機能が衰え、ダニやホコリ、化学物質

による刺激にとても敏感になります。さらに乾燥がひどくなると、かゆ

みを感じる「ヒスタミン」が細胞から放出されてしまいます。肌荒れを

解消するためには、肌の潤いを保ち、また肌の抵抗力を強くすることが

大切ですね。そのためには、保湿を助けて新陳代謝を活発にしてくれる

ビタミンや、コラーゲンの生成を助けてくれるこちらのビタミンがオス

スメ!
3.シミの主な原因は、日焼けです。紫外線を浴びると、肌はメラニン

色素を作って肌を黒くして防衛します。通常は、表皮の新陳代謝に伴い

肌色は元に戻りますが、一部表皮が壊れてメラニン色素が沈着してしま

います。表皮に残ったメラニン色素が「シミ」、表皮の下の「真皮」に

入り込んだのが「ソバカス」です。また、ストレスやホルモンバランス

の崩れ、体調不良などが原因でシミができることもあります。シミやソ

バカスを作らないためには、紫外線に注意することはもちろん、肌の新

陳代謝を活発にして、シミを肌に定着させないことがポイントですね。
そのためには、新陳代謝や血液の循環をよくし、ストレスを解消してく

れるこちらのビタミンがオススメ!
4.日焼けは、紫外線を浴びることで肌が「火傷」状態になった細胞を

守るために起こる、肌の自衛作用です。表皮が紫外線を感じると、「メ

ラノサイト」という細胞が「メラニン」を作ります。メラニンが細胞の

核を保護し、紫外線をそれ以上吸収しないよう、肌を黒くして守ってく

れるのです。メラニンによって黒くなった皮膚は、新陳代謝により約28

日周期で新しい肌に生まれ変わります。しかし、その新陳代謝がうまく

行われないと色素が沈着し、シミやシワの原因ともなります。日焼けが

気になる方は、とにかく紫外線をブロックすることが大切!しかし、す

でに日焼けをしてしまった場合は、肌の新陳代謝を促進させるようにし

ましょう。そのためには、新陳代謝を助け、また肌のハリを作ってくれ

るこちらのビタミンがオススメ!
5.何となく肌のハリがなくなってきたな、と思ったらそれは疲れ肌。

鏡をよく見ると、毛穴がたるみ、肌全体に締まりがなくなっていること

が、疲れた肌をさらにくすませています。毛穴がたるむ原因は、主に加

齢によるものです。年齢を重ねると共に毛穴を押す力が衰え、新陳代謝

がにぶくなり、コラーゲンなども減少するため、毛穴はたるんできます

。また、肌の水分量が低下して乾燥すると、毛穴が広がって見えます。
肌が疲れているな、と感じる方は、まず体をリラックスさせ、体も肌も

ゆっくり休ませてあげましょう。そして肌には適度な栄養と元気を与え

てあげてください。そのためには、肩こりや腰痛を解消してくれたり、

血行をよくしてくれるこちらのビタミンがオススメ!
威哥王
巨人倍増


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。